時代はキャッシュレス・スマホ決済の乱戦!陸マイラーが上手に付き合いたいスマホ決済は?

2019年4月4日

2018年から、スマホ決済のキャンペーン争いが激化してきました。

特に目を引いたのはPayPayの還元キャンペーン。記憶にも新しいのではないでしょうか。私の友人もこのキャンペーンに乗っかってバルミューダを実質ゼロ円で手に入れていてうらやましいと思ったものです。

最近話題のスマホ決済をパッと挙げてみると、

  • PayPay
  • Origami Pay
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ
  • d払い
  • ヨドPay
  • GMOおみせPay
  • Pixiv PAY
  • J-Coin Pay
  • メルペイ
  • ゆうちょPay

さらっと思いついただけでもこんなにあります。

この記事では、陸マイラーという目線で、スマホ決済との相性を見ていきます。

もし、陸マイラーとは何ぞやという人がいたら、こちらの記事を見てみてください。

陸マイラー、スマホ決済との付き合い方

スマホ決済のメリットを存分に生かしつつ、日常のポイントをマイルに繋げていくのが陸マイラーの王道スマホ決済との付き合い方だと管理人は考えています。

一言にスマホ決済といっても、特徴は様々です。この記事では、以下のように分けています。

①マイル化しやすいスマホ決済

②マイル化はしにくいけれど、高還元率(キャッシュバックあり)のスマホ決済

③あまりお得感がないスマホ決済

陸マイラーの戦略としては、

①マイル化しやすいスマホ決済は積極的に取り入れてマイル化する

②マイル化しにくいけれど高還元率のスマホ決済はポイントタウンの外食案件など、ちょっと支払いが必要なときに使用

あまりお得感がないスマホ決済には手を出さない

のがいいと考えます。

マイル化しやすいスマホ決済

LINE Pay

陸マイラーの人なら絶対に知っているであろうLINEルート。各ポイントサイトからマイルへ換えるために現在一番還元率の良いルートです。このルートを必ず通るのがLINEのポイント。

ANAマイレージに換えたい場合:LINEポイント(100%)→メトロポイント(90%)→ANAマイル(81%)

JALマイレージに換えたい場合:LINEポイント(100%)→ポンタポイント(90%)→JALマイル(45%)

以上のように、高還元率でマイルに換えることができます。

LINE Payは普及のために昨年から特にキャンペーンを盛んに行っています。

例えば、

  • ランチの時間帯にLINEデリマを頼んだら20%還元
  • LINEデリマで初回注文をすると50%バック
  • 期間中いつでも20%還元
  • 最大2,000円相当の「もらえるくじ」

などが2019年春にはありました。こういったキャンペーンに乗っかるとけっこう貯まるんです。

楽天ペイ

楽天ペイを使う時は、必ず楽天のクレジットカードが必要です。

楽天カードから楽天ペイへチャージして1%還元、さらに楽天ペイでの支払いで0.5%還元となります。

楽天のクレジットカードをこれから作る陸マイラーの方はこちらの記事を参考にしてみてください。

楽天ポイントが貯まったら、ANAマイルに換えることができます。楽天ポイント2ポイント→1ANAマイルの換算です。

奈加 (管理人)
奈加 (管理人)
減っているじゃん!と思う人もいるかもしれませんが、1マイルの価値は2円以上で使えるのが一般的なのでむしろ使い方によってはお得です。

d払い

docomoが行っているサービスですが、docomoユーザー以外でも使うことができます。

お店でd払いをすると0.5%還元、ネットでd払いをすると1%還元です。

d払いでdポイントを貯めるなら、クレジットカードdカードかdカードGOLDでチャージすると1.5%~2%の還元になります。

dポイントはJALマイルに換えることができます。dポイント2ポイント→1JALマイルの換算です。

マイルに直接繋げられないがお得感満載なスマホ決済

PayPay

スマホ決済の中でも一番有名ではないでしょうか。

特に、2019年年始の第一弾100億あげちゃうキャンペーンは大盛り上がりを見せ、SNS上でもリアルな友人でも周りを見渡せば「家電が実質タダで手に入ったわー!」という反応が。

2019年2月から行われている第二弾100億あげちゃうキャンペーンも、10回に1回の割合で1000円が還元されるお得なキャンペーンで盛り上がりを見せています。(ちなみにYahooプレミアム会員なら5回に1回の割合で1000円還元)

陸マイラーとして残念なのは、PayPayの残高をマイルに繋げるすべがないこと

悔しいですが、PayPayの残高は普通のコンビニやレストランなど様々な場面で使えるので、持っておいて損はありません。キャンペーン中にぜひ積極的に利用して、ゲットしたい還元ポイントです。

Origami Pay

Origami Payはローソン以外のコンビニで使うと数パーセントその場で割引料金で決済できるケースが多いです。

割引率は他のスマホ決済と比べてそう大きくなく、現時点では陸マイラーとしても一般消費者としてもそれほどオイシイ決済ではないという感想です。

ただし、特定の提携店に関しては他を上回る割引(あるチェーンのカフェでは10%割引など)をやっていることもあるので、いったんダウンロードして、自分の生活スタイルに合いそうなものを積極的に使うという使い方もできます。

マイルにも繋げられないし、お得感もそれほどないスマホ決済

Apple Pay

Apple製品を持っている人向けです。というかApple製品でないと使えません。

特に大きな割引やキャンペーンなどは行っていません。

Google Pay

Apple製品を持っている人はApple Payの方が相性がいいですが、Androidなどを持っている方はGoogle Payの方が使い勝手が良いです。

こちらも大きな割引やキャンペーンなどは特に行っていません。

GMOおみせPay

これは、考え方によるのですが、陸マイラー目線ではあまりメリットがないスマホ決済です。

そもそも、GMOおみせPayは導入するお店(会社)にとっていろんな機能があり、そこが魅力的というスマホ決済なのです。

どういうことかというと、GMOお店Payを導入した企業が、顧客情報をデータ化して傾向を取ったり、顧客に対する広告を送信したり、クーポンを送ったり、スタンプカードを作ったり・・・そういったのがやりやすいということをGMOお店Payは売りにしています。

よって、消費者の立場から言えば、お得なクーポンやスタンプカードが手に入るのならメリットがあるのかもしれません。

Pixiv Pay

「Pixiv」というイラストのSNSが運営しているスマホ決済です。

他のスマホ決済とはカラーがちょっと違います。個人と個人の間での取引で使用することをメインとしています。コンビニやレストランなどで使うには向かないスマホ決済です。

同人誌やアニメなどに興味がある人はどんなものかチェックしてみるといいでしょう。

「フォロー」などの機能もあります。

J-Coin Pay

みずほ銀行が出したスマホ決済です。

ポイントやキャッシュバックの仕組みなどは特にありません。

メリットは、みずほ銀行が運営しているという安心感や、ATMでお金を引き出さずに(コンビニなどでは手数料がかかる場合もあるが、J-Coin Payは手数料無料)スマホでそのまま決済できるという点です。

現金を使うよりは、スマホ決済にしようかな、と思う人たち向けでしょう。

陸マイラーのように、ポイントやキャッシュバックをバリバリ使いこなして恩恵を得る人たちにはあまりメリットがありません。

ちなみに、ゆうちょが出したスマホ決済ゆうちょペイの特徴もJ-Coin Payと似ています。

メルペイ

こちらは、フリマアプリのメルカリが出したスマホ決済です。

メルカリをよく使用する人向けですが、特にマイルを貯める人向けではありません。

さいごに

スマホ決済はたくさんありすぎて、どれを使えばいいのかわからない!という人も多いと思います。

今回は、陸マイラー目線でスマホ決済とお得に付き合っていく方法を紹介しました。

ポイントを貯めていくなら、やはり王道はLINE Pay

その他で言えば、ANAマイルを貯めるなら楽天ペイJALマイルを貯めるならd払いでしょう。

それぞれの特徴を知って、より自分の生活スタイルに合ったやり方で上手に付き合っていきたいですね。

The following two tabs change content below.

奈加(Naka)

陸マイラー活動をしているアラサー主婦です。陸マイラー活動を始めて2か月で3万マイル相当貯めました!学生の頃はイタリア、スイス、ベルギー、フランス、シンガポール、オーストラリアetc.を学生貧乏旅行していました。旅行大好き! 何とか安く旅行できる方法はないか?と思っていたところ、「陸マイラー」の存在を知りました。知っているお得な情報を惜しみなく出し、まとめて、友人にも紹介できるようなサイトを目指しています。