0歳児(9ヶ月)赤ちゃんとママだけで飛行機!色々比較して一番良かった航空会社は私はANAでした。

2019年3月16日

ANA、JAL、AirDo、スターフライヤー等々、0歳児の赤ちゃんを連れて色々な飛行機に乗りましたどこの航空会社が、一番安心して赤ちゃん連れで利用できるか?これは私自身、とても気になっていました。

実際に私が利用してみて、結論から言えば、日本のたいていの航空会社のサービスとCAさんのプロ意識は素晴らしく、おおむねどの航空会社でも安心して赤ちゃんと一緒に利用できると思います。

今回はその中でも、一番サービスが良く、その素晴らしいサービスに安心というより感動し心まで動いた経験・・・ANA飛行機に乗ったときの経験をお話しします!

どんな状況で飛行機に乗ったか?

ANA飛行機のエコノミークラスに乗りました。パパやバァバはなしで0歳児の赤ちゃん(9ヶ月)と私だけでした。

ANA ボーイング777-300

席はこの赤丸の後ろの方の席です。

0歳児の赤ちゃんANA神対応のサービス

子連れは優先的に飛行機に乗り込めます。

この時も他の一般の人より早めに飛行機に乗り込みました。

いつものように、リュックサックを棚の上に置き、隣のサラリーマンに「すみません、お騒がせしたらご迷惑をおかけします」とお声かけしました。

赤ちゃんを膝の上にのせて出発を待っていると、だんだん乗客が乗ってきました。なんと、サラリーマン率が9割強。これは赤ちゃんが泣いたら気まずいぞ、とハラハラしてきました。

「ブランケットはいかがですか?」

CAさんが回ってきて、ブランケットが要らないか聞いてくれました。

私はブランケットを受け取りました。赤ちゃんを自分の膝の上に乗せるときに、シートベルトの金具の部分が赤ちゃんに当たって痛いかなと思うので、ブランケットを厚めに折って足にかけてその上から赤ちゃんを座らせるためです。

ちなみに、ブランケットは大抵の航空会社も要らないか聞いてくれます。

お腹を空かせた赤ん坊にひとまずミルクを与えました。と、その時。

「一番後方の4列が空いております。よろしければお使いになりませんか?」

「一番後方の4列を使っていいですよ」

「お客様、」とCAさんが声をかけてきました。

なんと、一番後ろの4列すべてを使っていいというのです!!

このありがたいオファーを喜んでお受けしました。

左から、

[鞄][私][赤ちゃん][空席]

という感じに座りました。赤ちゃんはお座りできるものの落ちないかちょっと不安なのでシートベルトを着けて片手で落ちないように支えていました。

授乳のとき、横抱き抱っこをすると隣の人にどうしても当たりそうになるし、ずっとお膝の上は無料とはいえキツいので、この「4列を使っていいですよ」というオファーはとても助かりました。

手書きのポストカード

CAさんが、ポストカードをスッとくれました。

「よかったらどうぞ」と。

ふと裏を見ると、素敵なメッセージが手書きで書かれていました。

本日はANAをご利用いただきありがとうございます 🙂

15:45分頃、着陸態勢に入る予定です。

それまではご自由に立って歩くことが可能ですので、

後ろの広いところもぜひご利用ください☆彡

お母様のお手洗いの際、お子様見てますのでお知らせください!

なんて素敵な気遣いなんでしょう。

赤ちゃんがグズりだしたら、やっぱり抱っこして立って歩きまわるってことをしたいですよね。

いつくらいまでそれができるかをさりげなく教えてくれて、

しかもお手洗いの際、赤ちゃんを見ててくれるとまで言ってくれるなんて!

(私は毎回ママと赤ちゃんだけで飛行機を利用するときは、トイレなんて諦めていましたよ!!)

紙コップ

赤ちゃんがちょっと飽きてきました。

私は持っていた紙コップを渡して遊ばせていました。(紙コップってけっこうおもちゃとして長い間遊んでくれます!)

そんなとき、CAさんがごみを回収しながら通りかかりました。

赤ちゃんが持っていた紙コップも受け取ろうとしていたので、私が、

「あ、すみません、これ遊びものとして遊んでるみたいなので回収しなくて大丈夫です」というと、

「あ!そうなんですね」と言って、その後、

きれいな紙コップを3個くらい、しかもきれいな手提げ袋に入れて持ってきてくれました。

「よかったらどうぞ」と。

空港についてからの帰り道も使えるし、これもとってもありがたいお気遣いでした。

おもちゃ

他の航空会社でもあることですが、赤ちゃんのために子どものおもちゃをくれました。

飛行機のおもちゃとエコバックをいただきました♪

「お手洗いに行かなくてよろしいですか?」

ポストカードには「お母様がお手洗いに行くときにはお子様見てます」と書いてくださっていたけれど、

「トイレに行きたいから赤ちゃんをみていてくれますか?」とは、なかなか言い出しにくいものです。

我慢できるならしよう、と思っていたところでした。

「間もなくシートベルトサインが付くアナウンスをさせていただきます。

このアナウンスを行うと、お手洗いに行かれる方が非常に多いのですが、お客様はお手洗いに行かなくてよろしいでしょうか?

こんな風に言ってくださったので、「あ、じゃあ・・・」と言ってお手洗いに行かせていただきました。

戻ってみると赤ちゃんは、CAさんとニコニコ遊んでいました。

なんて気遣いなんでしょう。(涙)

赤ちゃんとママだけでANA飛行機に乗る!総じて感動に溢れた楽しいフライトになりました

広い席で、場面場面でCAさんたちにあやしてもらって、おもちゃも色々もらって、赤ちゃんはご機嫌。

お手洗いやポストカードといったCAさんたちの強力なサポートを得られて、しかも赤ちゃんもご機嫌だから私も安心。

初め飛び立つ前に、「サラリーマンが周りにたくさんいるな」と思ったときはドキドキ・ハラハラしましたが、全体を通して、まったく困ることがない快適なフライトになりました

この記事を読んだ人にはこちらの記事もおすすめです

赤ちゃんと2人だけで飛行機に乗る。ママやパパはどきどき。

経験から、気を付けるポイントをまとめました!

ご参考になるとうれしいです。

The following two tabs change content below.

奈加(Naka)

陸マイラー活動をしているアラサー主婦です。陸マイラー活動を始めて2か月で3万マイル相当貯めました!学生の頃はイタリア、スイス、ベルギー、フランス、シンガポール、オーストラリアetc.を学生貧乏旅行していました。旅行大好き! 何とか安く旅行できる方法はないか?と思っていたところ、「陸マイラー」の存在を知りました。知っているお得な情報を惜しみなく出し、まとめて、友人にも紹介できるようなサイトを目指しています。