0歳児の赤ちゃんとママだけで飛行機に乗る時のポイント(国内・海外3時間以内編)

2019年3月6日

こんにちは。0歳児にして我が子は飛行機に10回以上乗っています。その10回の中にはパパなしでママ(私)と赤ちゃんだけで飛行機に乗ったことが半分近くあります

乗った航空会社は、ANA・JAL・AirDo・スターフライヤーなど様々です。

今回は、私が0歳児の赤ちゃんを連れて飛行機に乗った時の失敗を生かしてほしい!との想いから、これから赤ちゃんと二人だけで飛行機に乗る方に、飛行機に乗る時のポイントをお伝えします!

0歳児の赤ちゃんを連れて飛行機に乗る前に知っておきたいこと!

0歳児の赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるの?

ANA公式HPより引用(2019年1月時点)

ANAでもJALでも、生後8日から飛行機に乗ることができます。

ただ、私の周囲のママ友を見ても私自身の経験からしても新生児のふにゃふにゃな状態の赤ちゃんを飛行機に乗せるのはとっても心もとないです・・・

里帰り出産から自宅に帰るなどや無負えない場合は仕方ないと思いますが、生まれて一ヶ月も経たないうちは飛行機に乗らなくて済むのなら、あまり無理して乗せないほうがいいのではないかと考えます。

飛行機に乗って、赤ちゃんの耳は大丈夫なの?耳抜きについて

赤ちゃんを飛行機に乗せるときに心配なことは気圧の変化による耳の圧迫ですよね。気圧の変化で鼓膜が破れる大人もいるくらいです。こんなにか弱い状態の人間を飛行機に乗せて大丈夫か心配になるのは当然です。

私もその一人。そこで、飛行機に乗る前に地元で有名な耳鼻科のベテランおじいちゃん先生に相談しました。すると、「離着陸時に赤ちゃんを起こしておくのが大切」とのこと。

なんでも、耳が痛くなるのは気圧の変化で鼓膜が引っ張られるため。唾を飲み込んだりあくびをしたりすることで自分で調整していたくないようにできるけれど、寝ている状態だと唾を飲み込んだりできないから、だそう。

離着陸時は麦茶を飲ませたり、授乳をしたりするのもおすすめです。赤ちゃんが自分で鼓膜を調整できる上に、飲み物に集中しておとなしくなる子が多いです。

飛行機の中でエルゴなどの抱っこ紐はOKか?

ANAを例にとると、抱っこ紐OKです。

ANA公式HPより
https://contact-jp.ana.co.jp/app/answers/detail/a_id/554/~/抱っこひもは機内で使用できます

ただし、離着陸時や天候状況で抱っこ紐の使用を止められることもあります。

気になったのが、座席に座るときは保護者がシートベルトを装着した上から抱っこ紐を装着するようにとのこと。ちょっと面倒かもしれませんが、赤ちゃんが運良く寝て、自分も寝ちゃいたい場合は座った状態でも抱っこ紐をつけてい方がよさそうですね。

抱っこ紐については、航空会社によって方針が違うようで、ダメな航空会社もあります。抱っこ紐を持ち込もうかなと思っている方は、必ず各航空会社のHPなどで確認してください。

ちなみに、次でお話しますが、私は飛行機では抱っこ紐を使わない派です。理由は、飛行機の中での荷物が増えるから!

飛行機に乗る前に準備すること!

さぁ、いよいよ飛行機に乗る準備です!荷物をパッキングするときに、機内に持ち込むものと預ける荷物を考えておきましょう

何度も飛行機に乗って、私の場合はこのような感じに落ち着きました。

  1. ベビーカーと抱っこ紐→抱っこ紐は収納カバーでカバーしてコンパクトにし、ベビーカーの足にくくり付けて一つの荷物として預ける。
  2. 余分な着替えやすぐには使わないもの→45Lくらいの大きさのバックパックに入れて預ける。
  3. マザーバック(リュック)→機内持ち込みで棚に。
  4. ものが取り出しやすくてコンパクトなトートバック→機内持ち込みで足元に。

マザーバックには、いつものお出かけで使うものが入っています。

  • おむつ
  • おしりふき
  • 着替え(上下、スタイの替え)
  • お湯(サーモスの調乳用水筒)
  • 赤ちゃんの水(ペットボトルに入れた湯冷まし)
  • 哺乳瓶
  • 1回分に小分けした粉ミルク3回分
  • タオル

などです。

また、トートバックには飛行機の中ですぐに必要な可能性が高いものが入っています。

  • ポケットティッシュ
  • ガーゼ
  • ウェットティッシュ
  • お気に入りのおもちゃ
  • 授乳ケープ
  • お財布
  • スマホ

などです。

飛行機に乗る

さぁ、いよいよ飛行場です。

チェックイン

航空チケット発行時にベビーカーとすぐには使わないものが入った大きな荷物を預け、航空会社のベビーカーを借ります

ANAでは、着陸した空港で飛行機から降りたらすぐにベビーカーを用意してくれるサービスがあります。必要に応じて聞いてみてください。

たいていの空港ではベルトコンベアのある手荷物受取所まで、けっこう距離があるのでベビーカーで移動できると楽ちんです。

そして、搭乗ゲートへ!搭乗ゲートは時間に余裕をもって通りましょう。

搭乗ゲートをくぐったら、忘れずに行うこと!

搭乗ゲートを通り抜けたら、やることは2つです。

マザーバックとトートバックを持って搭乗ゲートを通ったら、

1.おむつかえ

2.ミルクの準備(母乳の方はこれは要りません^^)

を行いましょう。飛行場にはお手洗いがたくさんあるので、おむつかえをする場所がなくて困ることはそれほど無いと思います。

授乳室がたくさんある飛行場は少ないですが、ミルクの準備はマザーバックに入れたお湯と湯冷ましでどこでもできます。作ったミルクはトートバックに入れてすぐに赤ちゃんにあげられるようにしておきます。

多くの航空会社は飛行機の中でフライトアテンダントさんがミルクを作ってくれるサービスがあります。

でも、フライトアテンダントの方が近くにいないとなかなか声をかけづらいし、声をかけることができたとしてもミルクの粉や哺乳瓶をお渡しして、何cc作ってくださいという指示を出し、ミルクが出来上がるのを待つ・・・。その間、赤ちゃんは泣いているかもしれない。

それを考えると、3時間以内に授乳するということが確かなら、もう先に自分でミルクを作ってしまっておいたほうがいいと思います。

飛行機に搭乗!荷物を棚の上にあげることができるかは不安だけれど・・・

大丈夫です!!母一人子一人で誰にも付き添われずに飛行機に乗る場合でも、実は心強~~~い見方がたくさんいるのです。それは、フライトアテンダント(ちなみにCAさん・キャビンクルー・スチュワーデスさんなんていう言い方もありますよね)の方々

「ちょっと荷物を上に置きたいんですけど手伝ってもらえますか?」と声をかけると、快く引き受けてくれます。

飛行機の中でおむつかえはできるの?

多くの飛行機の中で、おむつかえは可能です。トイレに、おむつかえシートが設置してあります。

でも、揺れている飛行機の中でおむつをかえるのはちょっと大変だし危険かな、と思います。やはり、飛行機に乗る前に替えてしまっておいた方がベター

もしおむつをかえる必要がありそうだったら乗る予定の飛行機におむつかえシートがあるかどうか乗る前に航空会社に確認しておくこをおすすめします!

飛行機の中で赤ちゃんが騒いだらどうしよう?

0歳児の赤ちゃんは静かにしていようね、などと声をかけても、感情のコントロールが不可能だと思っています。

  • 席に着いたら周りの人に「子ども連れでご迷惑をおかけするかもしれません。騒いでしまったらごめんなさい。」と先に謝っておく
  • ミルクの授乳はできれば離着陸時でなく、本当にグズり出したときに。(すぐには与えない)
  • お気に入りのおもちゃ、おやつも本当にグズり出した時のためにとっておく。(すぐには与えない)
  • 立って抱っこして、ゆらゆら~~~

やっぱり、立ち上がって抱っこして、ゆらゆら~~~が一番有効です。トイレの近くやパントリーなどのスペースが広めのところを見つけてあやします。飛行機が揺れることもあるから気を付けてください。こういう時は、抱っこ紐があったほうが安全なのかも

飛行機の中で赤ちゃんがおとなしくしてくれるか?ギャン泣きか?私の経験

赤ちゃんが泣くか?いい子にしているか?これは、もう、運としか言いようがありません。

ある程度月齢が上がってきて、たくさん遊んだり寝たりの区別がはっきりしてくると、飛行機の中にいる時間を寝る時間に充てようと調整することも可能になってくるかと思います。(その場合も離着陸時は起こしておくために授乳をしたり麦茶をあげたりお菓子をあげたりすることをおすすめします。)

私がこれまで経験した中で一番最悪だったのは、ギャン泣きで抱っこでゆらゆら~~としながら立っていたところ、「お客様、シートベルトのサインが付きますのでご着席ください」と言われ、着陸時の30分間、席でギャンギャン泣かれたこと。隣はサラリーマンだったけれど、幸い何も言われませんでした。

一番最高だったのは離陸時にミルクを飲ませたら空の上に着いたとたんコテンと寝て、着陸に入るころに目覚めよく起きてくれたこと。「なんていい子なんだろう、赤ちゃんの鏡だ」と思いました。

0歳児の赤ちゃんを連れて飛行機に乗るのは緊張するし、疲れるし、大変です。それも付き添いなしでママと赤ちゃんだけで飛行機に乗るとなると、私ははじめ恐怖でしかありませんでした。

でも、回数を重ねていくうちに、フライトアテンダントの方が強力なサポーターだということに気づいたり、一緒になってあやしてくれる周りの乗客たちに救われたり。

だから、もう怖くありません。

これから0歳児の赤ちゃんを連れて飛行機に乗る方が少しでも安心できればと思ってこの記事を書いてみました。

Have a nice flight!

Bon voyage!♪(よい旅を!)

 

この記事を読んだ人にはこちらの記事もおすすめです

陸マイラー(おかまいらー)という言葉を知っていますか?

飛行機に乗らずにポイントサイトや色々な方法を駆使してマイルをたくさん貯める人たちのことです。

一番シンプルな方法だと一人につき1年間で21万マイル貯まるので夫婦で貯めてたくさん旅行している方や貯めたマイルで毎年ハワイ(一人分往復5万マイルで行けます)に行っている人もたくさんいます。

こちらは陸マイラーの始め方についての記事です。

The following two tabs change content below.

奈加(Naka)

陸マイラー活動をしているアラサー主婦です。陸マイラー活動を始めて2か月で3万マイル相当貯めました!学生の頃はイタリア、スイス、ベルギー、フランス、シンガポール、オーストラリアetc.を学生貧乏旅行していました。旅行大好き! 何とか安く旅行できる方法はないか?と思っていたところ、「陸マイラー」の存在を知りました。知っているお得な情報を惜しみなく出し、まとめて、友人にも紹介できるようなサイトを目指しています。